窓リフォームのススメ

結露・断熱・防犯・防音対策は窓リフォームで解決

一口に窓リフォームと言ってもその家の特性やつくり、環境などの違いから対策すべきポイントも変わってきます。そのため、まず家の窓にどんな問題があるかを把握し、それに適した対策を行うことが必要です。

こちらのページでは神奈川を中心に関東で窓リフォーム・修理を行う「株式会社フレーム」が窓リフォームにおいて基本となる「結露」「断熱」「防犯」「防音」の4つの対策についてご紹介します。それぞれの課題に適した対策を講じていきましょう。

窓リフォームの4つのポイント

結露対策

結露は外気温と室温の差によって、窓の表面に接した空気が冷やされることで水滴化する現象です。そのため、結露対策としては、「冷えにくい窓にする」ことがポイントとなります。

ガラスを二枚重ねにした複層ガラスに交換したり、窓の内側にさらに窓を設置することで二重窓にしたり、冷えが伝わりにくいプラスチック素材の窓に変えたりするなどの方法があります。断熱窓を使うことで外の冷気の影響を受けにくくなり、室内側の窓枠の表面温度を保てるようになるので、結露の発生を抑えることができるのです。

そして、結露でお困りの方におすすめしたい製品が真空ガラスです。窓の内側にある真空層によって、外気温が低くても、ガラスの表面温度が下がりにくくなっており、結露の発生を大幅に抑えられます。真空ガラスによって結露対策を行うのと同時に、冷暖房費を節約できる点もメリットです。

断熱対策

窓に断熱対策を施すことで、屋外の気温の影響を受けにくくなり、夏も冬も快適に過ごしやすい室温を保てるようになります。また、冷暖房効率もよくなるので光熱費の節約にも効果あり。つまり、少ない冷暖房エネルギーで済むので、地球環境にも優しく、エコ対策にもなるということです。

窓の断熱対策としては、プラスチック素材を取り入れた断熱窓に交換する方法があります。また、現在の窓の内側に窓を取り付けて二重窓にして空気の層をつくったり、窓ガラスを複層ガラスという断熱性にすぐれたガラスに交換したりする方法もあります。これらの対策で、一年を通して屋外の気温の影響を受けにくい室内環境を保つことができます。

防犯対策

防犯性の高い窓とは、「泥棒に嫌われる窓」のことを意味します。室内への侵入に5分以上かかると、約7割の泥棒が盗みをあきらめるという調査データがあります。侵入しづらい窓にすることで、防犯性を高めることができるというわけです。ガラス破りに強い防犯性の高いガラスとして、「防犯合わせ複層ガラス」をおすすめします。

また、二重窓を設置することによって、泥棒から見ても「侵入が大変そうな」窓となります。同様に、シャッターや雨戸を取り付けることによって浸入困難な印象に。さらに、防犯に適したクレセントや多機能ルーパー、高強度な面格子などを採用することで、防犯性能がいっそう高まります。

防音対策

車や電車の騒音、楽器の音漏れなども窓ガラスの防音対策を行うだけで大きな効果を得られます。内窓をプラスして二重窓にすることを検討してみましょう。二重窓を設置する際には、防音性能の高い窓やガラスに交換するとさらに有効です。防音対策として内窓を設置するだけで騒音が40dBほどダウンします。

さらに、ガラスの厚さを変えたり、防音タイプのガラスに交換したりすることで、室内に入ってくる音を希望するレベルにまで下げることができます。当社では、お住まいの周辺環境の騒音レベルや、居室、寝室など、お部屋の利用目的に合わせて最適な窓リフォームをご提案します。

窓リフォームにはこんな補助・助成金があります

補助・助成金 対象と申請期限 補助・助成の内容
既築住宅・建築物における高性能建材導入促進事業 集合住宅
平成26年5月14日~平成26年6月30日(受付終了)
※工事完了期限は平成26年12月19日
(1)補助率は補助対象経費(材料費+工事費)の1/3以内
※補助対象経費は市場流通価格等を基準に算定
(2)補助金額は上限150万円/戸
※集合住宅の全戸改修においても1戸あたりとする
●省エネリフォーム促進税制との併用可
生産性向上設備投資促進税制 オフィス、事業用ビル(工場、施設等)

優遇税制の期間と税制支援措置:次のいずれか一方を選択
○平成26年1月20日~平成28年3月31日
即時償却または税額控除3%
※取得価額の100%を税務上損金計上可能

○平成28年4月1日~平成29年3月31日
特別償却25%または税額控除2%
※取得価額の25%を税務上損金計上可能

省エネリフォーム促進税制 持ち家(一戸建て住宅、共同住宅)の窓リフォーム

○固定資産税の減額
家屋にかかわる税額の1/3を1年間減額
※工事費用要件50万円超
※適用期間は平成28年3月31日

○所得税の控除
(1)自己資金の場合
工事費用の10%控除(1年間)
※工事費用要件50万円超
※全ての居室の窓全部をリフォーム
※適用期間は平成29年12月31日

(2)ローンを活用する場合
工事費用における年末ローン残高の1%を控除(5年間)
※工事費用要件50万円超
※全ての居室の窓全部をリフォーム
※適用期間は平成29年12月31日

●住宅・ビルの革新的省エネ技術導入促進事業との併用可

復興支援・住宅エコポイント制度 共同住宅(10階以下)の申請期限は平成25年10月31日まで
共同住宅(11階以上)の申請期限は平成26年10月31日まで
※対象工事の着工・着手期間は終了しました。

窓リフォームで改善すること

窓リフォームを行うことで結露、断熱、防犯、防音対策などを行うことにもなり、さまざまな住まいのお悩みの解決できます。しかし、メリットはそれだけではありません。窓のリフォームによって、建物自体の資産価値を向上させることにもつながります。以下では窓リフォームによって改善できることを3点ご紹介します。

その1:窓のガタツキ、開閉の不自由をなくす

窓のガタツキや開閉の不自由さの原因として、窓の戸車が経年によってすり減ってしまったことが考えられます。窓をリフォームし、戸車を新しくすることで開閉がスムーズになり、窓のガタツキも解消されます。

その2:気密性能の向上

気密性の良し悪しは断熱・遮音・防塵・換気などに影響を与えています。最近のサッシ(窓枠として用いる建材)には、気密性の高いゴムなどの部品が使われているので、サッシの交換によって、「冷暖房効率を上げる」「遮音性が向上する」などのメリットがあります。一方、高気密住宅に対しては、24時間換気装置を設置するなど、換気不足への配慮も必要となります。

その3:節電効果

家庭における消費電力量のうち、冷暖房費の割合は全体の25%を占めています。窓の断熱改修を行うことで、冷暖房費の削減に大きく貢献し、ご家庭全体での節電にもつながるのです。特に冷房時よりも暖房時にエネルギーを多く消費するので、節電面からいっても、夏場の遮熱対策よりも冬場の断熱対策の方がポイントになります。この点からいって、節電対策には、断熱ガラスがより有効です。